Loading...

楽天市場の商品ごとの販売数を自動集計し、売上分析を効率化

ブログ

2022.12.20

EC 運営において、売上分析をすることには大きなメリットがあります。

たとえば、各商品の売上を一定期間ごとに集計することで、適正な在庫数を把握することができます。それにより、

在庫処分のための値下げ販売が減り、利益率が向上
在庫切れによる売り逃しがなくなり、売上がアップ

といった効果が期待できます。

このようなメリットがある一方で、売上データを定期的に取得・集計するのは手間がかかります。楽天市場の場合、楽天市場 RMS から売上データをダウンロードし、Google スプレッドシートなどに貼り付けるのが一般的です。しかし、定期的に楽天市場 RMS にログインして操作するのは手間ですし、データの貼り付けミスなどによって誤った集計結果が出てしまう可能性もあります。

TēPs(テープス)を使えば、楽天市場の売上集計を自動化することができますあらかじめ関数を組んだ Google スプレッドシートに、TēPs で楽天市場 RMS の受注情報を定期的に書き出すことで、売上集計を自動化する仕組みをつくることが可能です

この記事では、商品ごとの直近 7 日・30 日の平均販売個数・売上を自動で集計する方法をご紹介します。

商品ごとの直近 7 日・30 日の平均販売個数・売上が自動で集計される仕組みをつくる

楽天市場で商品ごとの直近 7 日・30 日の平均販売個数・売上を自動で集計する方法

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

EC 事業者がよく行う業務はテンプレートが用意されており、“楽天市場の商品ごとに直近 7 日・30 日の平均販売個数・売上を集計する”という業務も、テンプレートを利用することで効率よく設定することが可能です。

テンプレートの紹介

TēPs テンプレート:「楽天市場 RMS|直近 7 日と 30 日の平均販売個数・売上を自動集計」

このテンプレートは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとに楽天市場 RMS から受注情報を取得
  • 受注情報を Google スプレッドシートに書き出す
Google スプレッドシートに書き出した受注情報のサンプル

売上集計を自動化する仕組み

このテンプレートでは、楽天市場 RMS の受注が TēPs によって Google スプレッドシートに自動で書き出されます。一方、書き出された受注情報を集計するのは Google スプレッドシートの関数です。といっても、関数を自分で組む必要はありません

TēPs で用意しているサンプルの Google スプレッドシートには、あらかじめ関数が組まれています。ヘルプセンターのドキュメントを見ながら設定をすれば、誰でも以下のような集計結果を出すことができます。

サンプルはこちらです。
Google スプレッドシートのサンプルを入手

TēPs は受注処理や在庫管理の自動化にも活用できる

在庫僅少の通知やあす楽設定の更新など、日々の在庫管理を幅広く自動化

楽天市場 RMS から商品ごとの在庫数を取得し、Google スプレッドシートに書き出すことができます。売上の集計結果のワークシートに在庫数を書き出せば、売上と在庫の状況を一か所で確認できるので便利です。

在庫数が発注点の値を下回ったら、担当者に自動で通知を出せます。通知方法は、Chatwork・LINE・Slack といったチャットツールかメールを選択できます。さらに、同時にその商品の「あす楽設定」を解除することも可能です

イベント前後の深夜作業をゼロに。商品情報の自動更新

TēPs は 指定の日時に、楽天市場 RMS の商品情報を自動で更新することができます。Google スプレッドシートに情報をまとめておけば、イベント前後の商品情報更新のため深夜作業をする必要がなくなります。

エース株式会社は商品情報の自動更新を活用し、2022 年 9 月の楽天スーパーSALEにて売上のギネス記録を達成しました

ネクストエンジン連携の受注処理をさらに便利に

ネクストエンジンの標準機能だけでは難しい細かな処理も、TēPs で自動化することができます。

これ以外にも、細かな受注処理や在庫管理を効率化できる便利なテンプレートが 100 以上も用意されています。

EC 運営を効率化するテンプレートは 100 以上

Yahoo!ショッピングや Shopify、Amazon ダイレクトフルフィルメントなど、ほかのプラットフォームの売上集計も可能

関連記事

     ホーム / ブログ / 楽天市場の商品ごとの販売数を自動集計し、売上分析を効率化