Loading...

Yahoo!ショッピングの商品ごとの販売数を自動集計し、売上分析を効率化

できること

2022.12.20

EC 運営において、売上分析をすることには大きなメリットがあります。

たとえば、各商品の売上を一定期間ごとに集計することで、適正な在庫数を把握することができます。それにより、

在庫処分のための値下げ販売が減り、利益率が向上
在庫切れによる売り逃しがなくなり、売上がアップ

といった効果が期待できます。

このようなメリットがある一方で、売上データを定期的に取得・集計するのは手間がかかります。Yahoo!ショッピングの場合、ストアクリエイターPro から売上データを CSV ファイルでダウンロードし、Google スプレッドシートなどに貼り付けるのが一般的です。しかし、定期的にストアクリエイターPro にログインして操作するのは手間ですし、データの貼り付けミスなどによって誤った集計結果が出てしまう可能性もあります。

TēPs(テープス)を使えば、Yahoo!ショッピングの売上集計を自動化することができますあらかじめ関数を組んだ Google スプレッドシートに、TēPs で Yahoo!ショッピングの注文情報を定期的に書き出すことで、売上集計を自動化する仕組みをつくることが可能です

この記事では、商品ごとの直近 7 日・30 日の平均販売個数・売上を自動で集計する方法をご紹介します。

このように、商品ごとの直近 7 日・30 日の平均販売個数・売上が自動で集計される仕組みをつくる

Yahoo!ショッピングで商品ごとの直近 7 日・30 日の平均販売個数・売上を自動で集計する方法

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

EC 事業者がよく行う業務はテンプレートが用意されており、“商品ごとに Yahoo!ショッピングの直近 7 日・30 日の平均販売個数・売上を集計する”という業務も、テンプレートを利用することで効率よく設定することが可能です。

テンプレートの紹介

TēPs テンプレート:「Yahoo!ショッピング|直近 7 日と 30 日の平均販売個数・売上を自動集計」

このテンプレートは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとに Yahoo!ショッピングから注文情報を取得
  • 注文情報を Google スプレッドシートに書き出す
Google スプレッドシートに書き出した注文情報のサンプル

売上集計を自動化する仕組み

このテンプレートでは、Yahoo!ショッピングの注文が TēPs によって Google スプレッドシートに自動で書き出されます。一方、書き出された注文情報を集計するのは Google スプレッドシートの関数です。といっても、関数を自分で組む必要はありません

TēPs で用意しているサンプルの Google スプレッドシートには、あらかじめ関数が組まれています。ヘルプセンターのドキュメントを見ながら設定をすれば、誰でも以下のような集計結果を出すことができます。

サンプルはこちらです。
Google スプレッドシートのサンプルを入手

TēPs は受注処理や在庫管理の自動化にも活用できる

在庫数がしきい値を下回ったらチャットツール(Chatwork/LINE/Slack)に自動通知

先ほどの Google スプレッドシートは、そのまま在庫管理に活用することもできます。たとえば、「在庫数」の列に別のテンプレートを使って在庫数を書き出せば、商品ごとの在庫数が一覧化できます。

在庫数の書き出しは以下の記事のテンプレートで実現できます。

さらに、発注点となる在庫数のしきい値を商品ごとに決めておけば、在庫数がしきい値を下回ったらチャットツール(Chatwork/LINE/Slack)に自動で通知することも可能です

在庫数がしきい値を下回った商品を LINE に通知する

キントーンや Google スプレッドシートの在庫マスタと連携して、在庫管理をさらに効率化

キントーンや Google スプレッドシートの在庫マスタから在庫情報を取得し、Yahoo!ショッピングの在庫数を自動で更新することができます。先ほど紹介した Yahoo!ショッピングの在庫数を Google スプレッドシートに書き出すテンプレートと組み合わせれば、複数の販売チャネルの在庫を効率よく管理し、売り越しや売り逃しを防ぐことができます。

セール前後の工数を削減する、商品情報更新の自動化

指定した日時に、商品情報を自動で更新することができます。あらかじめ更新日時と更新内容を Google スプレッドシートに用意しておけば、セール前後に更新作業をする必要がありません。

商品を出荷後の注文処理を効率化

Yahoo!ショッピングでは、商品が出荷された注文に対し、必ず以下の処理をする必要があります。

出荷が完了した注文に配送情報を入力し、出荷ステータスを「出荷済み」に変更
入金ステータスが「入金済み」になったら、注文ステータスを「完了」に変更

TēPs なら、この 2 つの処理も自動化することができます。

ほかにも、細かな受注処理や在庫管理を効率化できる便利なテンプレートが、100 以上も用意されています。

EC 運営を効率化するテンプレートは 100 以上

楽天市場や Shopify、Amazon ダイレクトフルフィルメントなど、ほかのプラットフォームの売上集計も可能

 

関連記事

     ホーム / ブログ / Yahoo!ショッピングの商品ごとの販売数を自動集計し、売上分析を効率化