Loading...

Yahoo!ショッピング|在庫情報を取得し、Google スプレッドシートに自動で書き出す

ブログ

2022.6.24

在庫の状況に応じて、商品の発注や商品情報を更新を行うことが多いため、常に最新の在庫情報を把握しておきたいという事業者は少なくありません。

Yahoo!ショッピングの店舗の場合、在庫情報はストアクリエイターPro の管理画面で確認することができます。
しかし、最新の情報を把握するため 1 日に何度も管理画面を確認するのは、手間と時間がかかります。

TēPs(テープス)は、Yahoo!ショッピングの在庫情報を取得し、Google スプレッドシートに自動で書き出すことが可能です。
メールやチャットツール(Chatwork / Slack / LINE)に通知する機能と組み合わせることで、在庫数が一定以下になったら発注担当者に通知する、といったフローを自動化できるようになります。

TēPs で Yahoo!ショッピングの在庫情報を取得し、Google スプレッドシートに自動で書き出す方法

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

また、EC 事業者がよく行う業務はテンプレートにしてご提供しています。この記事でご紹介した“Yahoo!ショッピングの在庫情報を自動で取得し、Google スプレッドシートに書き出す”という業務もテンプレートのご用意がありますので、すぐにお試しいただけます。

実際のテンプレートの流れは、下記画像のとおりです。

画像 1:テンプレート「Yahoo!ショッピング|在庫情報を取得し Google スプレッドシートの在庫数を更新する」

あらかじめ以下のような、商品コードごとの在庫数一覧を Google スプレッドシートに用意しておきます。

画像 2:商品コードごとの在庫数一覧

このテンプレートでは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとにストアクリエイターPro から在庫数を取得する
  • ストアクリエイターPro の在庫数と Google スプレッドシートの在庫数に変動が無いか判定する
  • 変動がある商品のみ Google スプレッドシートの在庫数を更新する

ストアクリエイターPro との接続設定のあと、手順に従ってテキスト入力やデータ選択を行うだけで、この作業がすぐに自動化されます。
また、他の店舗の在庫情報を同じ Google スプレッドシートに書き出しておけば、複数店舗の在庫情報を 1 箇所で管理できるようになります。

ネクストエンジン、楽天市場、Amazon の在庫情報を書き出したい場合は、以下の記事もあわせてご覧ください。

メールやチャットツールへの通知機能と連携する場合は、以下の記事を参考にしてください。
Google スプレッドシート上で EC の在庫管理をして LINE やメールで通知する方法

その他、さまざまな活用事例をスライド資料、動画にてご紹介しております。
https://landing.teps.io/materials

また、TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。専門スタッフのサポートもあるので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: お問い合わせ-2.png

関連記事

     ホーム / ブログ / Yahoo!ショッピング|在庫情報を取得し、Google スプレッドシートに自動で書き出す