Loading...

ネクストエンジン|受注伝票の明細行の情報を Google スプレッドシートに自動で書き出す

ブログ

2022.9.7

TēPs(テープス)のテンプレート “ネクストエンジン|受注伝票の明細行を Google スプレッドシートに書き出す” を利用すれば、ネクストエンジンの受注伝票を定期的に検索・取得して、明細行の内容を自由なかたちで Google スプレッドシートに書き出すことができます。

活用例:ステータスが「印刷待ち」の受注伝票のみを書き出し、出荷依頼を効率化

TēPs は Google スプレッドシートを CSV ファイルに変換し、FTP サーバーにアップロードすることができます。そのため、こちらのテンプレートでステータスが「印刷待ち」の受注伝票だけを Google スプレッドシートに書き出し、そのワークシートを CSV ファイルに変換して運送会社の FTP サーバーにアップロードすることで、配送依頼を自動化することが可能です。

こちらの記事もあわせてご覧ください。

処理の流れ

TēPs テンプレートイメージ「ネクストエンジン|受注伝票の明細行を Google スプレッドシートに書き出す」
  1. [時間で実行] に設定された間隔で、定期的にフレーズを実行します。
  2. [受注伝票を検索] で、スプレッドシートに書き出したい受注伝票を検索・取得します。
  3. [ループ] で、2 で取得した受注伝票のそれぞれについて、繰り返し処理を行います。
  4. [ループ] で、2 で取得した受注伝票の明細行それぞれについて、繰り返し処理を行います。これにより、受注伝票の明細行ごとの情報を 1 行ずつ Google スプレッドシートに書き出すことができます。
  5. [行を追加] で、受注伝票と明細行のデータをスプレッドシートに書き出します。
  6. [受注伝票を更新] で、受注伝票が繰り返し実行されないように受注分類タグを付与します。

関連・応用事例

受注伝票単位で情報を書き出す

明細行の情報が不要なときは、受注伝票ごとに書き出せるこちらのテンプレートが便利です。明細行を書き出さない分、同じ時間でより多くの受注伝票を処理することができます。

出荷確定処理の自動化

あらかじめ倉庫側に共有しておいた Google スプレッドシートに受注伝票の情報を書き出せば、自動で出荷依頼ができてしまいます。今度は、出荷が完了した受注伝票の配送伝票番号を倉庫側に記入してもらい、下記の記事のテンプレートを利用することで出荷確定処理を自動化することができます。

受注伝票の情報を書き出し、リアルタイムに売上状況を把握

上で紹介した、明細行ごとの情報の書き出しを応用すれば、リアルタイムな売上状況を反映する Google スプレッドシートを作ることも可能です。こちらの記事でテンプレートとともにご紹介しています。

商品別・店舗別・ブランド別の売上実績の集計を自動化し、分析の時間を生み出す

商品別・店舗別・ブランド別に売上実績を自動で集計する方法はこちらの記事でご紹介しています。サンプルの Google スプレッドシートは、過去の実績と比較しやすいよう工夫がされています。

おわりに

このほかにも、さまざまな活用事例をスライド資料、動画にてご紹介しております。
資料一覧ページを見る

また、TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。専門スタッフのサポートもあるので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

     ホーム / ブログ / ネクストエンジン|受注伝票の明細行の情報を Google スプレッドシートに自動で書き出す