Loading...

ネクストエンジン|Google スプレッドシートをもとに受注伝票の出荷確定を行う

ブログ

2021.2.25

発送が完了したネクストエンジンの受注伝票には、出荷確定処理をする必要があります。倉庫から発送する場合、出荷確定処理までには一般的に以下のような作業が必要です。

発送対象の受注伝票の一覧を管理画面からダウンロード
担当者が倉庫にデータを共有
倉庫で発送手続き完了後、配送番号と配送方法の情報を担当者に共有
担当者が各受注伝票を開き、配送番号と配送方法を入力
受注伝票を選択し出荷確定処理を実行

この流れでは、データのやり取りや操作の手数が多く、時間と手間がかかります。

TēPs(テープス)では、ネクストエンジンの受注伝票を自動で出荷確定処理することができます。
あらかじめ Google スプレッドシートに「伝票番号」と「配送伝票番号」を記入しておけば、TēPs が受注伝票に配送伝票番号を自動で入力し、受注伝票のステータスを「出荷済み」に変更します。

Google スプレッドシートをもとにネクストエンジンの受注伝票の出荷確定を行う方法

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

また、EC 事業者がよく行う業務はテンプレートにしてご提供しています。この記事で取り上げた業務は、“ネクストエンジン|Google スプレッドシートをもとに受注伝票の出荷確定を行う”というテンプレートを使って設定することができます。

実際のテンプレートの流れは、下記画像のとおりです。

画像 1: テンプレート「ネクストエンジン|商品在庫を取得し Google スプレッドシートの在庫数を更新する」

このテンプレートでは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとに Google スプレッドシートから伝票番号と配送伝票番号を取得
  • 伝票番号に対応する受注伝票に配送伝票番号を入力
  • 受注伝票の出荷確定処理を実行
  • 受注伝票のステータスを「出荷済み」に更新
  • Google スプレッドシートの「出荷確定」列を「済」に更新

使用する Google スプレッドシートの例は以下です。

画像 2:Google スプレッドシートのイメージ

このようなシートを自社倉庫や外部倉庫、店舗担当者と共有すれば、情報を記入するだけで自動で出荷確定処理ができるようになるため、管理画面のログイン情報を伝えることなく作業担当者を増やすことができます。

また、TēPs では受注伝票を Google スプレッドシートに書き出すこともできます。そのため、ステータスが「印刷待ち」または「印刷済み」の受注伝票に絞って書き出すことで、Google スプレッドシートを手動で用意する必要もなくなります。

さらに詳しい設定方法はヘルプセンターをご確認ください。
ネクストエンジン|Google スプレッドシートをもとに受注伝票の出荷確定を行う

ネクストエンジンの運用を効率化するその他の事例は、こちらをご覧ください。
https://teps.io/?post_tag%5B%5D=next_engine&s=

また、こちらのページでは、
・無料ダウンロードできる過去のセミナー資料
・過去セミナーの動画

を公開しています。

TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。専門スタッフのサポートもあるので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: お問い合わせ-2.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無料トライアル-5.png

関連記事

     ホーム / ブログ / ネクストエンジン|Google スプレッドシートをもとに受注伝票の出荷確定を行う