Loading...

ネクストエンジン|受注伝票の情報を Google スプレッドシートに自動で書き出す

ブログ

2022.9.7

TēPs(テープス)のテンプレート “ネクストエンジン|受注伝票を Google スプレッドシートに書き出す” を利用すれば、ネクストエンジンの受注伝票を定期的に検索・取得して、その内容を自由なかたちで Google スプレッドシートに書き出すことができます。

処理の流れ

TēPs テンプレートイメージ「ネクストエンジン|受注伝票を Google スプレッドシートに書き出す」
  1. [時間で実行] に設定された間隔で、定期的にフレーズを実行します。
  2. [受注伝票を検索] で、Google スプレッドシートに書き出したい受注伝票を検索・取得します。(矢印②)
  3. [ループ] で、2 で取得した受注伝票のそれぞれについて、繰り返し処理を行います。これにより、受注伝票ごとの情報を 1 行ずつ Google スプレッドシートに書き出すことができます。
  4. [行を追加] で、受注伝票のデータを Google スプレッドシートに書き出します。どの Google スプレッドシートのどのシートに、何をどのように書き出すのかを柔軟に指定できます。(矢印④)
  5. [受注伝票を更新] で、受注伝票が繰り返し実行されないように受注分類タグを付与します。

関連・応用事例

受注伝票の明細行ごとに情報を書き出す

上記のテンプレートは受注伝票ごとの情報を書き出せるものでしたが、商品名など受注伝票の明細行ごとの情報を書き出したい場合は、こちらのテンプレートが利用できます。

特定の条件でチャットツール(Chatwork/LINE/Slack)に自動で通知

任意の条件で受注伝票を検索し、条件を満たす受注伝票の内容をチャットツールで通知することができます。受注伝票の情報をもとに自由に文面を作れるのはもちろん、チャンネルなど通知先の指定も可能です。「確認待ち」受注伝票の確認漏れの防止などに活用できます。

特定の条件を満たす受注伝票の顧客にメールを送信

受注伝票の情報を Google スプレッドシートに書き出すのではなく、取得した顧客のメールアドレスにメールを送信することもできます。たとえば、未入金の状態が一定期間続いた受注伝票だけを検索し、入金催促メールを送るなどの使い方ができます。

おわりに

このほかにも、さまざまな活用事例をスライド資料、動画にてご紹介しております。
資料一覧ページを見る

また、TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。専門スタッフのサポートもあるので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

     ホーム / ブログ / ネクストエンジン|受注伝票の情報を Google スプレッドシートに自動で書き出す