Loading...

ネクストエンジン|受注伝票に含まれる商品の商品分類タグをもとに、受注伝票を更新する

ブログ

2022.7.28

ネクストエンジンの商品マスタでは、各商品に「商品分類タグ」を付与することができます。「冷蔵」「常温」のようなタグで商品ごとの温度帯を判別しやすくしたり、「自社倉庫」「RSL」といった出荷元倉庫を分類したりといった用途によく使われます。

TēPs(テープス)は受注伝票に含まれる商品分類タグをもとに、受注伝票の任意の項目を更新することができます。

たとえば、以下のようなことが自動化できます。

  • 商品分類タグをもとに出荷元倉庫を示す受注分類タグを付与。倉庫が混在の場合は [混在] とタグ付け
  • 商品分類タグに応じて、作業用欄に「書類 A が必要」「要確認」などの文言を記入

このように、商品分類タグに応じて受注伝票を自動で更新することで、業務のさらなる効率化が期待できます。以下で、TēPs の設定方法を紹介していきます。

ネクストエンジンの受注伝票に含まれる商品の商品分類タグをもとに、受注伝票を更新する方法

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

また、EC 事業者がよく行う業務はテンプレートにしてご提供しています。上述の業務の自動化は “ネクストエンジン|受注伝票に含まれる商品の商品分類タグをもとに、受注伝票を更新する” というテンプレートを利用して設定ができます。

テンプレートの流れは、下記画像のとおりです。

画像 1: TēPs テンプレートイメージ「ネクストエンジン|受注伝票に含まれる商品の商品分類タグをもとに、受注伝票を更新する」

このテンプレートでは、以下の処理を自動で実行します。

  • 15 分ごとに受注伝票を検索し、含まれる商品を取得
  • 商品コードで商品マスタを検索し、商品分類タグを取得
  • 商品分類タグに応じて受注伝票を更新

さらに詳しい設定方法はヘルプセンターをご確認ください。
ネクストエンジン|受注伝票に含まれる商品の商品分類タグをもとに、受注伝票を更新する

別のテンプレートでは、商品分類タグをもとに受注伝票を分割し、同時に任意の受注分類タグを付与することができます。出荷元倉庫や温度帯区分の異なる商品が混在する受注伝票の処理を効率化できるので、ぜひこちらもご覧ください。

その他、さまざまな活用事例をスライド資料、動画にてご紹介しております。
資料一覧を見る

また、TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。専門スタッフのサポートもあるので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

     ホーム / ブログ / ネクストエンジン|受注伝票に含まれる商品の商品分類タグをもとに、受注伝票を更新する