Loading...

Shopify の在庫数を取得して Google スプレッドシートの在庫数を自動で更新する

ブログ

2022.9.8

EC 運営において、在庫状況の把握は非常に大切です。たとえば、商品情報の更新や発注作業は在庫数に応じて行われることがほとんどです。

Shopify で在庫数を確認する場合、管理画面へのログインが必要です。しかし、在庫数の確認は 1 日に何度も行われるため、そのたびにログインするのは手間がかかります。また、たとえば「在庫数が 10 個以下」のような特定の条件を満たす商品一覧を見たい場合、その都度、商品管理ページで絞り込む必要があります。

そのため、Excel や Google スプレッドシートなどの表計算ソフトに在庫数のデータを貼り付け、在庫管理している方も多いのではないでしょうか。

TēPs(テープス)は Shopify の在庫数を Google スプレッドシートに書き出し、定期的に更新することが可能です。

Shopify の在庫数を取得し、Google スプレッドシートの在庫数を自動で更新する方法

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

また、EC 事業者がよく行う業務はテンプレートにしてご提供しています。この記事で取り上げた業務は、“Shopify|在庫情報を取得し Google スプレッドシートの在庫数を更新する”というテンプレートを利用して設定できます。

実際のテンプレートは、下記画像の通りです。

画像 1:TēPs テンプレートイメージ「Shopify|在庫情報を取得し Google スプレッドシートの在庫数を更新する」

このテンプレートでは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとに Google スプレッドシートの在庫数を取得
  • Shopify の在庫数を取得
  • 2 つの在庫数に変動があった場合、Google スプレッドシートの値を Shopify の在庫数で更新

このように、TēPs は最短 15 分間隔で Shopify の在庫数を取得し、Google スプレッドシートの在庫数を更新できるため、在庫状況をリアルタイムに把握することが可能です。

画像 2:Shopify の在庫数を書き出した Google スプレッドシートのイメージ

さらに詳しい設定方法はヘルプセンターをご確認ください。
Shopify|在庫情報を取得し Google スプレッドシートの在庫数を更新する

また、既存機能との組み合わせによって、在庫数が一定の数を下回った商品をチャットツール(Chatwork/LINE/Slack)に通知することもできます。

関連記事
ネクストエンジン|確認待ちの受注伝票をチャットツール(Chatwork / LINE / Slack)またはメールに自動で通知する
LINE|在庫数が少なくなった商品について自動で通知する
在庫数が少なくなった商品についてメールで通知する

その他、さまざまな活用事例をスライド資料、動画にてご紹介しております。
資料一覧ページを見る

また、TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。専門スタッフのサポートもあるので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

     ホーム / ブログ / Shopify の在庫数を取得して Google スプレッドシートの在庫数を自動で更新する