Loading...

楽天市場 RMS|あす楽設定を Google スプレッドシートをもとに自動更新

ブログ

2022.6.24

楽天市場で、商品ページ訪問者数や購買率をアップさせるのに重要な要素のひとつが、「あす楽」対応です。
あす楽対応商品は注文の翌日には届くため、買ったものをすぐに手に入れたいというユーザーの満足度は高くなります。

一方で、あす楽はショップにとっては良いことばかりではありません。あす楽対応商品を期日までに届けられなかった場合、ショップ側がユーザーへの補償を負担することになります。
そのため多くの事業者が、在庫が少なくなった商品はあす楽設定を解除し、入荷したら再びあす楽を設定する、というやり方をとっています。

あす楽設定は楽天市場 RMS の「商品管理」から変更できますが、SKU が多くなればなるほど、個別に手動で変更する作業のボリュームは大きくなります。すると、作業担当者の手間と負担が増え、更新漏れやミスが起こる可能性も高くなります。

TēPs(テープス)では、商品ごとにあす楽設定を自動で更新することができるので、入庫前後のあす楽設定の更新作業を効率化することができます。
また、「在庫数が一定数を下回ったら更新する」というように、任意の条件を設定することも可能です。

TēPs を使って、楽天市場 RMS のあす楽設定を Google スプレッドシートをもとに更新する方法

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

また、EC 事業者がよく行う業務はテンプレートにしてご提供しています。
この記事でご紹介する楽天市場 RMS のあす楽設定を Google スプレッドシートをもとに更新するという業務は、 “楽天市場 RMS|Google スプレッドシートをもとに、商品情報を更新する というテンプレートで設定することができます。

実際のテンプレートの流れは、下記画像の通りです。

画像 1: テンプレート「楽天市場 RMS|Google スプレッドシートをもとに、商品情報を更新する」

テンプレート内の「楽天市場 RMS|商品情報を更新」ノートの更新内容に「あす楽設定」を追加することで、自動更新の設定が可能です。

画像 2:「楽天市場 RMS|商品情報を更新」ノート の設定イメージ

また、あらかじめ更新したい情報は以下のように Google スプレッドシートにまとめておきます。

画像 3: Google スプレッドシートのイメージ

「あす楽設定」の列に入力する値は、自社店舗で設定している内容に対応します。

画像 4: 楽天市場 RMS のあす楽設定画面

さらに詳しい設定方法はヘルプセンターをご確認ください。
楽天市場 RMS|Google スプレッドシートをもとに商品情報を更新する(ポイント変倍率以外)

「商品名」や「ポイント変倍率」、「共通説明文(大)」などの商品情報も同時に変更することが可能です。変更可能な項目の詳細は、こちらのページをご覧ください。

また、以下の記事ではセール前後の商品情報の更新を TēPs で自動化する事例を紹介しています。

その他にも TēPs は楽天市場のさまざまな業務を自動化できます。活用事例のブログは以下のリンクからご覧いただけます。
TēPs × 楽天市場 の活用事例

楽天市場のほか、楽天スーパーロジスティクスやネクストエンジンでの活用事例を、スライド資料と動画でご紹介しています。
https://landing.teps.io/materials

TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。専門スタッフのサポートもあるので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: お問い合わせ-2.png

関連記事

     ホーム / ブログ / 楽天市場 RMS|あす楽設定を Google スプレッドシートをもとに自動更新