Loading...

楽天市場 RMS|受注情報を取得し、Google スプレッドシートに自動で書き出す

ブログ

2021.9.22

EC 運営をしている人にとって、受注情報を Google スプレッドシートなどに書き出しておくことは、売上や出荷したい受注を把握するためなどに重要な作業だと思います。

しかし、楽天市場 RMS からの受注情報の取得は手作業で行わなければいけないため、毎日のルーティンワークとして時間をかけている人も多いのではないでしょうか。

この記事では TēPs を利用し、楽天市場 RMS から受注情報を取得し Google スプレッドシートに自動で書き出す方法をご紹介します。

「TēPs(テープス)」を使って、楽天市場 RMS の受注情報を取得し、Google スプレッドシートに自動で書き出す方法

TēPs を使って楽天市場 RMS の受注情報を取得することで、さまざまな業務の効率化につながります。

たとえば、以下のような使い方ができます。

  • 出荷済みの受注情報を Google スプレッドシートに書き出し、関数を組みわせることで売上管理レポートを自動で作成
  • 出荷元倉庫へ、出荷可能な受注情報を Google スプレッドシートに書き出し自動で連携
  • 楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどの際に注文情報を Google スプレッドシートに書き出しておくことで、管理画面にログインすることなく注文状況を把握

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

また、EC 事業者がよく行う業務はテンプレートにしてご提供しています。この記事でご紹介した“ 楽天市場 RMS の受注情報を取得し、Google スプレッドシートに自動で書き出す”という業務もテンプレートのご用意がありますので、すぐにお試しいただけます。

このテンプレートに沿って必要な情報を埋めていくだけで、今日からでもすぐにこの作業を自動化できます。実際のテンプレートの流れは、下記画像の通りです。

https://teps.io/wp-content/uploads/2022/02/楽天市場-RMS-の受注情報を取得し、Google-スプレッドシートに書き出す-2.png
画像 1:TēPs テンプレートイメージ「楽天市場 RMS の受注情報を取得し、Google スプレッドシートに書き出す」

このテンプレートでは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとに楽天市場 RMS から受注を取得する
  • 取得した情報を単位ごとに Google スプレッドシートの該当欄に記載する

このテンプレートの設定作業は早ければ数分で完了します。

楽天市場 RMS との接続設定の後、手順に従ってテキスト入力やデータ選択を行うだけで、この作業がすぐに自動化されます。

その他、さまざまな活用事例をスライド資料、動画にてご紹介しております。
https://landing.teps.io/materials

また、TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。専門スタッフのサポートもあるので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

     ホーム / ブログ / 楽天市場 RMS|受注情報を取得し、Google スプレッドシートに自動で書き出す