Loading...

Amazon セラーセントラル| 出品者の評価が入った際に管理者に自動通知する

ブログ

2021.9.22

EC 運営を行っている人にとって、顧客からの評価は非常に重要なものです。顧客からの評価は、見込み顧客のお店選びに大きな影響をもたらす判断材料となります。

低評価が入った時、迅速に対応しなければ、運営している EC サイト全体の信頼を顧客から失うことにつながります。

Amazon で出品者が低評価レビューされたとき、リアルタイムで気づくことができる機能があれば、評価に対して迅速な対応を取ることが可能になります。

今回は、 Amazon で出品者の評価が入った際、管理者に自動で通知する方法を紹介します。

評価を確認する際の課題

顧客からの評価を確認する際の課題は、以下の3 点です。

  • レポートをダウンロードする必要がある
  • 低評価にすぐ気づけない
  • 1 日に何度も確認作業が必要

レポートをダウンロードする必要がある

Amazon で出品者が評価を確認する作業は以下のとおりです。

「ヘッダーメニューのパフォーマンス → 評価 → 最近の評価 → 評価レポートをダウンロード」

評価レポートのダウンロードは数分で終わる作業ですが、毎日のことなので積み重なると多くの時間がかかります。

低評価にすぐ気づけない

Amazon の出品者評価に低評価レビューが入ったとき、出品者へ通知する機能がないのですぐに気づくことができません。そのため、出品者は低評価レビューへの対応が遅れてしまいます。

1 日に何度も評価の確認作業が必要

低評価レビューに迅速に対応するためには、 評価が入ったことをリアルタイムで知る必要があります。自動で通知する機能がないため、もし迅速に対応したければ、1 日に何度も評価レポートを手動でダウンロードし、低評価が入っていないか確認しなければなりません。

確認の頻度が多いほど低評価に対してすぐに対応ができますが、多くの手間と時間がかかってしまいます。

次に、低評価が入ったことを自動的に通知するようにした場合のメリットを紹介します。

Amazon で低評価が入ったことを自動通知するメリット

低評価が入った時、自動で出品者に通知することで得られるメリットは以下の 3 点です。

  • 評価確認の効率化
  • 顧客対応の迅速化
  • 評価の改善

評価確認の効率化

評価が入ったことを自動で通知することにより、1 日に何度も評価レポートをダウンロードし、内容を確認する手間がなくなります。

顧客対応の迅速化

低評価レビューにすぐに気が付くことができるため、その後の顧客対応を迅速に行うことができます。レビューした顧客の記憶が新鮮なうちに低評価への対応をすることで、顧客の信頼を獲得することができます。

時間の削減により、他の業務ができる

評価確認の効率化と顧客対応の迅速化により、評価確認をするために使っていた時間の削減ができ、他の業務に時間を使うことができるようになります。

EC 運営において、顧客からの評価に対しての迅速な対応・改善は もっとも重要なことのひとつです。評価の自動通知は、効率的な EC 運営の手助けとなります。

「TēPs (テープス)」を使って Amazon で評価が入ったことを自動通知する方法

「TēPs」を活用することで Amazon で出品者に評価が入った時、自動で通知することが可能になります。

TēPs とは、ネットショップ運営者が、さまざまなサービスや条件を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールをノーコードで作れるクラウドサービスです。

難しいプログラミングのコードを書く必要がなく、日々のルーティンタスクを自動化するツールを自らの手で簡単に作ることができます。

手順は、Amazon セラーセントラルから評価レポートドキュメントを取得します。評価レポートの取得頻度は、最短 15 分間隔で自由に設定ができます。

レポートの情報を取得したあと、指定した条件による分岐処理が行われます。

たとえば、評価が指定の値を下回った場合のみメールに通知するという設定が可能です。メールの他に、Slack、Chatwork、LINE などのチャットツールに通知することもできます。

実際の流れは、下記画像のとおりです。

画像 1:テンプレート「Amazon セラーセントラル|評価レポート(出品者評価)を取得し、メールで通知する(β 版)」

さらに詳しい設定方法はヘルプセンターをご確認ください。
Amazon セラーセントラル|評価レポート(出品者評価)を取得し、メールで通知する(β 版)

TēPs は、ネットショップ運営者がよく行う業務を「テンプレート」という形で多数用意しております。

これらのテンプレートに沿って必要な情報を入力していくだけで、今日からでもすぐに作業の自動化が可能です。

ぜひ各テンプレートの内容もご覧ください。

■ Amazon セラーセントラルで各種レポートをリクエストする

■ Amazon セラーセントラルから決済レポートを取得し、Google スプレッドシートに書き出す

■ Amazon セラーセントラルからレポートを取得して Google スプレッドシートに反映する

■ Amazon セラーセントラルから FBA 在庫出荷レポートを取得し、Google スプレッドシートに書き出す

その他、さまざまな活用事例をスライド資料、動画にてご紹介しております。
https://landing.teps.io/materials

また、TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。専門スタッフのサポートもあるので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

     ホーム / ブログ / Amazon セラーセントラル| 出品者の評価が入った際に管理者に自動通知する