Loading...

Shopify Flow のワークフローを、特定の日時や一定の間隔で自動で起動する

ブログ

2022.11.2

Shopify Flow のワークフローは、「新しい注文が作成されたとき」や「お客様アカウントが有効になったとき」などのイベントをトリガーに起動します。ところが、時間を指定するトリガーが存在しないため、ワークフローを定期実行したり、特定の日時に起動することができません。

しかし、TēPs(テープス)を利用すれば、ワークフローを定期実行したり、特定の日時に起動することが可能になります。そのため、たとえば「顧客の誕生日にクーポンをメールで送る」といった施策を自動化できるようになります。

この記事では、TēPs で Shopify Flow のワークフローを起動する仕組みと、日時指定や定期的にワークフローを起動する方法をご紹介します

TēPs とは?

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

TēPs で Shopify Flow のワークフローを起動する仕組み

TēPs はトリガーを発行することでワークフローを起動します。

TēPs で Shopify のコネクションを作成すると、Shopify に TēPs がインストールされ、新たに TēPs のトリガーが選択できるようになります。

発行できるトリガーは以下の 3 種類です。

  • TēPs Trigger with Customer ID(お客様 ID)
  • TēPs Trigger with Order ID(注文 ID)
  • TēPs Trigger with Product ID(商品 ID)

また、トリガーによってワークフローで利用できる変数(Variables)が異なります。たとえば、「TēPs Trigger with Customer ID」を選択した場合、変数として「姓・名」や「住所」などの顧客情報を利用することが可能です。

TēPs で、Shopify Flow のワークフローを定期的に起動する方法

TēPs は最短 15 分間隔で定期実行が可能です。定期実行では、毎時 0 ~ 60 分 まで 15 分刻みで実行のタイミングを指定できます。

たとえば TēPs で 15 分ごとにワークフローのトリガーを発行すれば、15 分ごとにワークフローが起動するようになります。

日時を指定してワークフローを自動で起動する方法

TēPs では条件で処理を分岐することができます。そこで、たとえば分岐の条件を「現在時刻が “特定の日時” 以上である」としておけば、“特定の日時” を過ぎた時点でワークフローが起動するようになります

2022 年 11 月 1 日 12 時ちょうどを指定した場合の条件設定の例

Shopify Flow との連携に活用できる便利なテンプレート

TēPs では、EC 事業者がよく行う業務はテンプレートが用意されており、テンプレートを利用することで効率よく設定することができます。

テンプレート:顧客情報をもとに Shopify Flow のトリガーイベントを発行

こちらのテンプレートは、「顧客の誕生日にメールを送信する」といった CRM 施策に役立ちます。

実際のテンプレートは、以下のとおりです。

TēPs テンプレート「Shopify|顧客情報をもとに Flow のトリガーイベントを発行する」

このテンプレートでは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとに Shopify の顧客情報を検索・取得
  • 顧客 ID を持った Shopify Flow のトリガーイベントを発行
  • 顧客情報を更新

さらに詳しい設定方法はヘルプセンターをご確認ください。
Shopify|注文情報をもとに Flow のトリガーイベントを発行する

上で紹介した条件分岐をこのテンプレートに追加することで、顧客の誕生日に一回だけ任意のワークフローを起動する、といったことも可能になります。

テンプレート:注文情報をもとに Shopify Flow のトリガーイベントを発行

こちらのテンプレートでは注文情報をトリガーにワークフローを起動することができます。たとえば、注文から 1 週間たっても未入金の場合に LINE でお客様に入金のご案内をする、といったことが可能です。

このテンプレートでは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとに Shopify の注文を検索・取得
  • 注文 ID を持った Shopify Flow のトリガーイベントを発行
  • 注文を更新

さらに詳しい設定方法はヘルプセンターをご確認ください。
Shopify|顧客情報をもとに Flow のトリガーイベントを発行する


Shopify Flow と TēPs は、どちらも Shopify の運営業務を効率化できるツールですが、それぞれ得意・不得意な領域があります。この 2 つを連携すれば、どちらかだけでは不可能だった業務の自動化や、新たな施策の運用が可能になります。

まずは、それぞれのツールで何ができるのかを知っておくことが活用のコツです。こちらのページでは、スライド資料と動画で TēPs ができることを確認できます。
資料一覧ページを見る

無料トライアルで、この記事の業務を自動化

TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。無料トライアル期間中は、すべての機能をお試しいただけます。また、操作の不明点から業務効率化の相談まで、専門のスタッフが手厚くサポートします。

まずはお気軽にお申し込みください。

関連記事

     ホーム / ブログ / Shopify Flow のワークフローを、特定の日時や一定の間隔で自動で起動する