Loading...

ネクストエンジン|Google スプレッドシートをもとに受注伝票を新規起票する

ブログ

2022.8.29

ネクストエンジンは主要なモールやカートの注文を自動で取り込み、複数の販売チャネルの受注を一元管理することができます。しかし、API 連携をしていない一部のモールやカートのほか、電話や店頭で受け付けた注文は自動でネクストエンジンに取り込むことができません。

これらの注文をネクストエンジンに取り込む場合は、1 注文ずつ手動で受注伝票を作成するか、受注一括登録の機能を使い CSV ファイルをアップロードする必要があります。

TēPs(テープス)では、Google スプレッドシートに記入された注文の情報を CSV ファイルに変換し、ネクストエンジンに自動でアップロードすることができます。

たとえば、電話や店頭で注文を受け付けたら、その内容を Google スプレッドシートに記載しておくことで、TēPs が最短 15 分間隔でネクストエンジンに受注伝票を新規起票することが可能です。

Google スプレッドシートをもとにネクストエンジンの受注伝票を新規起票する方法

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

また、EC 事業者がよく行う業務はテンプレートにしてご提供しています。この記事で取り上げた業務は、“ネクストエンジン|Google スプレッドシートをもとに受注伝票を新規起票する”というテンプレートを利用して設定することができます。

実際のテンプレートは、下記画像の通りです。

このテンプレートでは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとに Google スプレッドシートから注文情報を取得
  • ネクストエンジンに未アップロードの注文情報を別のワークシートに転記
  • Google スプレッドシートを CSV ファイルに変換
  • CSV ファイルをネクストエンジンにアップロードし、一括起票
  • CSV ファイルをバックアップとして Dropbox にアップロード
  • Google スプレッドシートをクリア

ネクストエンジンとの接続設定の後、手順に従ってテキスト入力やデータ選択を行うだけで、この作業がすぐに自動化されます。

さらに詳しい設定方法はヘルプセンターをご確認ください。
ネクストエンジン|Google スプレッドシートをもとに受注伝票を新規起票する

その他、さまざまな活用事例をスライド資料、動画にてご紹介しております。
資料一覧ページを見る

また、TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。専門スタッフのサポートもあるので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

     ホーム / ブログ / ネクストエンジン|Google スプレッドシートをもとに受注伝票を新規起票する