Loading...

ecforce の受注をネクストエンジンに自動で取り込む

できること

2023.11.14

ネクストエンジンは ecforce の受注取込に対応していないため、手動で受注伝票を起票する必要があります。

手作業では手間がかかりますが、出荷業務に必要なので、1 日に何回も作業している方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、TēPs(テープス)を活用し、ecforce の受注をネクストエンジンに自動で取り込む方法をご紹介します。15 分間隔で最新の受注を取り込めるため、すばやく受注処理をスタートできます。

TēPs(テープス)とは?
さまざまなサービスをつなぎあわせ、EC の業務を自動化するツールです。
ブロックを組み合わせてワークフローをつくるので、プログラミングの経験は必要ありません。
店舗の担当者が、自分の業務を自分で自動化できるようになります。
概要資料
お客さま事例


無料でお試しできます

「14 日間のトライアル」か「フリープラン」がご利用いただけます。トライアルでは、スタッフが導入から設定までサポートします。
無料ではじめる


ecforce の受注を、ネクストエンジンに自動で取り込む方法

TēPs では、ブロックを組み合わせて「フレーズ」と呼ばれるワークフローを構築し、業務を自動化します。フレーズはゼロからつくることもできますが、構築済みのフレーズのテンプレートも利用できます。

今回は、「ecforce の受注をもとに、ネクストエンジンの受注伝票を新規起票する」というテンプレートを利用します。TēPs のアカウントをお持ちでない方は、以下から、トライアルかフリープランにお申し込みください。
無料ではじめる

テンプレートを実行すると、ecforce の受注情報(画像 1)が、いったん Google スプレッドシートに書き出されます(画像 2)。

画像 1:ecforce の受注
画像 2:ecforce の受注情報が書き出された Google スプレッドシート

この Google スプレッドシートを TēPs が CSV として取得し、ネクストエンジンにアップロードすることで、受注伝票が起票されます。

画像 3:起票された受注伝票。受注番号が ecforce と一致している。

テンプレートの細かい設定方法は、ヘルプセンターをご覧ください。
ecforce の受注をもとに、ネクストエンジンの受注伝票を新規起票する

おわりに

今回紹介した事例のほか、売上分析や在庫管理を効率化する事例もご紹介しています。ecforce の運用をラクにしたい方は、ぜひご覧ください。

リンクなど

実際の環境でお試しください

この記事で紹介した事例は、無料でお試しいただけます。「無料トライアル」なら、スタッフが導入から設定までサポート。いつでも相談できるので安心です。

サービス資料や過去のセミナー動画はこちら

TēPs のサービス資料や、開催した過去のセミナーの録画・スライドなどをご覧いただけます。


メールマガジンを購読

TēPs の活用アイデアやアップデート情報、セミナーのご案内などをお届けします。

関連記事

     ホーム / ブログ / ecforce の受注をネクストエンジンに自動で取り込む