Loading...

ネクストエンジン|お届け先住所によって出荷元倉庫を振り分ける方法

ブログ

2020.5.12

ネクストエンジン上でお届け先住所によって出荷元倉庫を振り分けるとき、手間がかかり、不便に感じている人は多いと思います。

作業にかかる時間はそれほど大きくはないかもしれませんが、出荷元倉庫の締め時間に間に合わせないといけないため、プレッシャーを感じたり、人為的ミスが起こる恐れがあります。

この記事では、ネクストエンジンでお届け先住所によって出荷元倉庫を自動で振り分ける方法を紹介します。

お届け先住所による出荷元の振り分けを自動化するには

出荷元倉庫が複数ある場合に、配送コストを抑えるため、お届け先住所によって出荷元倉庫の振り分けをしている人も多いのではないでしょうか。

振り分け方法としては、ネクストエンジンの機能の「受注分類タグ」を利用する方法を採用している人もいると思います。

この作業は、以下のような手順で行います。

  • 特定のお届け先住所の場合「確認待ち」に止める
  • 止めた伝票に「受注分類タグ」で出荷元倉庫の印をつける

画像 1:ネクストエンジン画面「受注分類タグ」

受注分類タグをつける作業自体は、一括で行なった場合、1 回につき 10 分程度で終わる作業です。

しかし店舗の運用上、出荷元倉庫の締め時間に間に合わせる必要があるので、直前の受注に対しては 1 件ずつ手作業で対応する必要があります。

この作業はネクストエンジンの機能だけでは自動化できません。

ですが TēPs を活用することで、お届け先住所によってそれぞれの出荷元倉庫の「受注分類タグ」を自動で付けられるようになります。

この処理を自動化すると、工数の削減や時間に追われるストレスも軽減できます。また、店舗がお休みの場合でも自動で処理ができるため、休日明けに慌てて溜まった処理をする必要がなくなります。

お届け先住所によって出荷元倉庫の「受注分類タグ」を自動で振り分けられる「TēPs(テープス)」とは

TēPs とは、ネットショップ運営者が、さまざまなサービスや条件を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールをノーコードで作れるクラウドサービスです。

プログラミングの経験がなくても、日々のタスクを自動化するツールを自分の手で簡単に作ることができます。

また、ネットショップの運営をする上で一般的に発生するさまざまなタスクはあらかじめテンプレート化されており、これらのテンプレートに沿って必要な情報を埋めていくだけで、今日からでもすぐに受注分類タグの振り分けなど、作業を自動化することができます。

下記画像が「受注分類タグ」を自動で振り分けるテンプレートのイメージです。

画像 2:TēPs テンプレート「受注分類タグの振り分け」

このテンプレートでは、下記のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分おきにネクストエンジンの受注を取得
  • ネクストエンジン伝票の住所を読み込む
  • それぞれの出荷元倉庫の受注分類タグをつける
  • 住所が読み込めない場合は、任意の受注分類タグをつける

万が一住所が特定できない場合は「受注分類タグ」で”住所不明”などの指定のタグをつけることも可能です。

画像 3:TēPs テンプレート「受注分類タグ」で”住所不明”のタグ追記

このテンプレートの設定作業は早ければ数分で完了します。

ネクストエンジンとの接続設定の後、手順に従ってテキスト入力やデータ選択を行うだけで、すぐにお届け先住所によっての受注分類タグの振り分けが自動化されます。

TēPs は 14 日間無料でトライアルができます。
ぜひこのテンプレートを活用して、自分自身で業務効率化ツールを作る体験をしてみてください。

他にもさまざまな業務を自動・効率化

「既存のツールではどうしても手作業が必要だった自社独自の業務を自動化したい」

TēPs は EC を運営する現場の方々の、こんな声から生まれました。

EC に特化したノーコードツールである TēPs は、プログラミングの知識がなくても自動化フローをつくれるように設計されています。たとえば、「注文情報の取得」と「メール送信」の 2 つのパーツを組み合わせることで、「注文番号と顧客の名前を本文に入れたメールを作成・送信」という業務をすぐに自動化できるようになります。

無料トライアルだけでなく、デモンストレーションも実施しております。実際の業務で TēPs がどのように貢献できるのかをイメージしやすくなりますので、ぜひご検討ください。

関連記事

     ホーム / ブログ / ネクストエンジン|お届け先住所によって出荷元倉庫を振り分ける方法