Loading...

Shopify で在庫切れになった商品を自動でアーカイブ(非表示)する

ブログ

2023.1.17

EC サイトの商品一覧画面で売り切れ商品が多いと、どの商品が購入可能なのか判別しにくくなります。また、購入可能だと思って開いた商品が、実は在庫切れで購入不可だった場合、がっかりした顧客が離脱してしまう可能性もあります。そのため一部の Shopify マーチャントは、在庫切れになった商品を非表示にする運用をしています

しかし、在庫切れ商品がないか定期的に管理画面を確認するのは手間です。また、取り扱い商品が増えるほど、管理や対応の工数も増えるため、手動で対応する場合の負担は大きくなります。

TēPs(テープス)では、Shopify で在庫切れになった商品を自動でアーカイブすることで、サイト上で非表示にすることができます

Shopify で在庫切れになった商品を自動でアーカイブし、非表示にする方法

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

EC 事業者がよく行う業務はテンプレートが用意されており、“Shopify で在庫切れになった商品を自動でアーカイブする”という業務も、テンプレートを利用することで効率よく設定することが可能です。

テンプレートは以下です。

画像 1:TēPs テンプレート「Shopify|商品の在庫数が 0 になったら、商品をアーカイブする」

このテンプレートでは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとに Google スプレッドシートから各商品のハンドルを取得
  • SKU 一覧の Google スプレッドシートから、取得したハンドルと同じハンドルの SKU を取得
  • SKU ごとの商品在庫を取得
  • 在庫数が 0 の場合、商品をアーカイブ
  • アーカイブした商品をチャットツール(Chatwork/LINE/Slack)に通知

Google スプレッドシートにはハンドル一覧と SKU 一覧の 2 種類のワークシートを用意しておきます。同じハンドルのすべての SKU の在庫が 0 になったとき、そのハンドルの商品が自動でアーカイブされます。

ハンドル一覧
SKU 一覧

さらに詳しい設定方法は、ヘルプセンターをご覧ください。
Shopify|商品の在庫数が 0 になったら、商品をアーカイブする


動画・スライドで TēPs の活用事例をまとめてチェック

TēPs のサービス資料や、開催した過去のセミナーの録画・スライドなどはこちらのページからご覧いただけます。
資料一覧ページ

メールマガジンの購読はこちら

関連記事

     ホーム / ブログ / Shopify で在庫切れになった商品を自動でアーカイブ(非表示)する