Loading...

Shopify|注文のメタフィールドを取得し Google スプレッドシートに書き出す

ブログ

2022.10.5

Shopify のメタフィールドは、注文や商品、顧客などと関連付けた新たな項目を追加できる機能です。たとえば注文のメタフィールドによく保存される情報には、名入れやラッピングの有無、カスタマイズオプション、希望配送日時などがあります。

しかし、Shopify の標準機能だけでは注文メタフィールドの情報をダウンロードすることができません

TēPs(テープス)は Shopify の注文メタフィールドの情報を取得し、Google スプレッドシートに書き出すことができます。また、メタフィールド以外の注文情報も同時に書き出すことができるため、さまざまな用途で利用可能です

この記事では TēPs の設定方法と、具体的な活用例をご紹介します。

Shopify 注文のメタフィールドを取得し Google スプレッドシートに書き出す方法

TēPs は EC を運営する担当者がさまざまなサービスや機能を組み合わせ、オリジナルの業務効率化ツールを作れるノーコードクラウドサービスです。プログラミングの経験がなくても、日々の業務を自動化するツールを自分で作ることができます。

また、EC 事業者がよく行う業務はテンプレートにしてご提供しています。“Shopify 注文のメタフィールドを取得し Google スプレッドシートに書き出す方法”という業務も、テンプレートを利用して設定できます。

実際のテンプレートは、以下のとおりです。

画像 1:TēPs テンプレートイメージ「Shopify|任意の注文のメタフィールドを Google スプレッドシートに書き出す」

このテンプレートでは、以下のプロセスを自動で実行します。

  • 15 分ごとに Shopify の注文を検索
  • 注文のメタフィールドを取得
  • 注文とメタフィールドの情報を Google スプレッドシートに書き出し
  • 注文を更新

以下の画像の例では、O 列と P 列にメタフィールドの情報を書き出しています。

画像 2:書き出し後の Google スプレッドシートのイメージ

より詳しい設定方法はヘルプセンターをご確認ください。
Shopify|任意の注文のメタフィールドを Google スプレッドシートに書き出す

活用例:出荷に必要な情報の自動連携

管理画面から注文情報をダウンロードして倉庫に共有するのは、シンプルながら手間がかかる作業です。かといって、管理画面のログイン情報を倉庫側と共有しておくのは、セキュリティ上の懸念があります。

TēPs で情報を書き出す Google スプレッドシートをあらかじめ倉庫側に連携しておけば、配送先の住所と合わせて、ラッピングオプションや希望配送日時といった情報を倉庫の担当者に自動で共有できるようになります


Shopify の効率化事例をもっと知りたい!という方は、こちらの動画もぜひご覧ください。Shopify を含む複数店舗の運営者向けに、TēPs を使った業務効率化の事例を 10 個ご紹介しています

スライド資料、動画にて Shopify 以外の活用事例もご紹介しています。
資料一覧ページを見る

無料トライアルで、この記事の業務を自動化

TēPs は 14 日間の無料トライアルを実施中です。無料トライアル期間中は、すべての機能をお試しいただけます。また、操作の不明点から業務効率化の相談まで、専門のスタッフが手厚くサポートします。

まずはお気軽にお申し込みください。

関連記事

     ホーム / ブログ / Shopify|注文のメタフィールドを取得し Google スプレッドシートに書き出す